営業は、お客様をよく見て、どうするかを自分で判断する仕事

営業は、お客様をよく見て、どうするかを自分で判断する仕事

営業は、お客様をよく見て、どうするかを自分で判断する仕事

営業は、お客様を見て、どうするかを自分で判断する仕事です。

 

スポーツで例えると、

対戦相手のいないマラソンのようなスポーツでなく、

対戦相手がいるボクシングのようなスポーツです。

ジャブ、ストレート、フックなどを理想の形で完璧に打てるボクサーだったとしても、

対戦相手を見ずに、目をつむってパンチを打っていては勝つ事は出来ないでしょう。

 

営業もそれと同じで、会社や上司からの指示・素晴らしいマニュアルやツールなどがあったとしても、

最終的にどうするのか?は、

お客様と接している営業員が、

お客様を見て、どうするかを自分で判断してください。

 

皆さんがお客様をよく見て、

お客様の事を考え、

私たちの存在意義や価値観や良心に従って、

決めた事の積み重ねが

より良い会社、より良いチームを創っていきます。

 

 

<Mission:存在意義>

「気づきの提供」

おもてなしマインドで気づきを提供し、win-win関係を築きます。

<Vision:将来像>

「キラキラ自走し、持続的に成長するグッドチーム」

お客様に貢献する為、一人一人がキラキラ責任ある自己決定を行い、成長を続けるチームを目指します。

<Value:大切にしている考え方、価値観>

「正しく、強く、そして優しく」

良心に従った人に誇れる事に従事し、自分を磨いて自立し、他者貢献で幸せを得る