オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: サイト運営

RM用語集~請求書編~

弊社からご案内しております資料などにある文言で、これは何?とお問い合わせ頂く事がございます。

今回は、MyEASYSからダウンロードできる請求書に記載されている文言についてご説明させて頂きます。

 

請求書に記載される詳細

 

EASYS専用RS(イーシス専用レンタルサーバー)

EASYS(イーシス)・・・ホームページを編集するための弊社オリジナルシステムの名称
RS(レンタルサーバー)・・・ホームページを表示させる為に必要です。

 

求人ポータルサイト掲載料

求人ポータルサイト『ガテン職』の掲載料です。
ガテン職についてはコチラをご確認ください。https://gaten.info/

 

SSLサイト証明書

年に1回更新させるSSLサイト証明書の更新料です。
SSLについて詳しくはコチラをご確認ください。 https://r-m.jp/archives/5311

 

〇〇ドメイン1年更新

年に1回更新されるドメインの更新料です。
〇〇は .jp や .co.jp など種類によって金額が変わります。

 

更新サポート(月1回)

ホームページの定額の更新サービス料です。※オプションサービスです。

 

ブログ更新代行

月1回のブログ代理投稿サービス料です。※オプションサービスです。

 

その他請求書についてご不明な点がございましたら、弊社サポートまでお気軽にお尋ね下さい。

サポート専用フリーダイヤル
 0120-123-007

#インボイス #適格請求書

保護されていない通信、安全ではないと表示される!!(ホームページのSSL化について)

ホームページを開くと下記のような表示となるサイトがあります。

 

これは、SSL化されていないホームページを開くと表示されます。

 

~SSL化とは??~

インターネット上で送受信する情報を暗号化する仕組みのことです。

ホームページ上の通信をSSLにより暗号化することを、「SSL化」と言います。

SSL化されているホームページのURLには https:// と表示されます。

ホームページはSSL化されていなくても表示することは可能ですが、今回はSSL化することのメリットをご案内します。

 

ホームページをSSL化するメリット

①ホームページのセキュリティをUP!!

SSL化によりホームページの通信を暗号化すれば、ユーザーがホームページを利用するうえでセキュリティをUPすることができます。

SSL化してないサイトで個人情報を入力した場合

SSL化されていないホームページでは、ユーザーが送った情報が暗号化されません。
もしも、通信途中で第三者に情報を盗み見られたとき、ユーザーが送った内容がそのまま閲覧できてしまうのです。

SSL化しているサイトで個人情報を入力した場合

SSL化されたホームページでは、ユーザーが送った情報が暗号化されます。
第三者が通信途中の情報を盗み見たとしても、何の情報なのか分かりません。

 

②ホームページを見たユーザーに安心してもらえる!!

SSL化されていないホームページを開くと、冒頭の写真のように「保護されていない通信」や「安全ではありません」と表示されます。

SSL化されるとこの表記が消えるので、安心してホームページを見てもらう事ができます。

 

③検索エンジンの検索結果で上位に表示される確率が上がる!!

大手検索エンジンであるGoogleはSEOのランキング要素に、ホームページのSSL化を加えています。

つまり、SSL化してあるホームページのほうが、検索結果の上位に表示される可能性があります。

検索結果の上位に表示されるためにはSSL化だけでは不十分ですが、SEOにとって重要ではあるので、ぜひSSL化を推奨します!!

 

SSL化するにはどうすればいい??

現在SSL化されていないサイトをお持ちの方は、弊社サポートまでご連絡ください。ヒアリングをさせていただき、諸費用などのご説明をさせていただきます。

サポート専用フリーダイヤル:0120-123-007

 

以上です。

この機会に、ぜひホームページのSSL化をご検討ください!!

ご連絡をお待ちしております!!

 

#安心 #安全 #セキュリティ #個人情報 #対策

Googleアナリティクスの見方を知りたい

https://analytics.google.com/ よりご覧いただけます。

お客様のGoogleアカウント(example@gmail.com)でログインしてください。

ログインしていただくと、画面左に縦にメニューが並びます。
以下の3つのメニューをご覧いただくとよいと思います。

「ユーザー」メニュー
閲覧者の数や閲覧されたページ数 等の情報が見れます

「集客」メニュー
どのような経路でアクセスがあったのか 等の情報が見れます

「行動」メニュー
どのページが見られたかどのような動きをしたのか等の情報が見れます

いずれのメニューもまずは概要をご覧ください。

Googleアナリティクスはそれ自体で何かできるわけではなく、
例えば、

・自社サイトのアクセスの全体像を把握する
・行った施策の結果をチェックして改善のヒントを見つける
・多くアクセスを供給している経路を知ってそこに注力する
・アクセスを集めているページを探して更に深堀りする

というように、
ホームページ改善のヒントを得るためのツールになります。