「諦」という字

「諦」という字

「諦」という字

10月12日は親父の命日でした。

当日は台風だったので、次の日に墓参りに行って参りました。

そういえば!

親父の戒名に「諦」という字が入っており、当時困惑した事がありました。

住職に伺うと、諦めるという言葉は実は高貴な言葉らしいです。

ごんべんに帝と書き、昔は、諦める事自体が帝にしか許されなかったそうです。

「諦める」と言う事は帝にしか許されなかった!との事なので、

私も「会社のビジョン」と「個人のビジョン」を達成させるよう、

強い意志を持って、諦める事なく、取り組み続けます!